米津玄師 カムパネルラ 音域

音域
D3(レ)~B4(シ)

最低音:D3(レ)

最高音:B4(シ)


ブロック別
・Aメロ1@低:D3(レ)~高:F#4(ファのシャープ)
・Bメロ1@低:F#3(ファのシャープ)~高:A4(ラ)
・サビ1@低:E3(ミ)~高:A4(ラ)→裏声B4(シ)

・Aメロ2@低:D3(レ)~高:F#4(ファのシャープ)
・Bメロ2@低:F#3(ファのシャープ)~高:A4(ラ)
・サビ2@低:E3(ミ)~高:A4(ラ)→裏声B4(シ)

・Cメロ@低:D3(レ)~高:B4(シ)
・サビ2@低:E3(ミ)~高:A4(ラ)→裏声B4(シ)

メロディラインは覚えやすいが、歌メロが走らないように気を付けたいテンポ帯の楽曲。
音域についてはあからさまな高音個所は無く、サビ出だしのB4(シ)も裏声を使用して米津本人も歌っているため、難しすぎる音域ではない。
ただし、Cメロで地声B4(シ)があるので、高い場合はキーを変更する必要があるが、最低音がD3(レ)まであるため、変更する際には注意が必要になる。
以上から、楽曲の難易度としては難しいという程の部類ではないので、歌い手の人はぜひ挑戦してみよう。
*コーラス除く



関連記事
→米津玄師(よねづけんし)(目次へ)
→TOP(目次へ)

米津玄師 カムパネルラ コード分析
米津玄師 カムパネルラ BPM(テンポ)
米津玄師(よねづけんし)の曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です