美波 アメヲマツ、 音域

音域
最低音:F3(ファ)
最高音:F5(ファ)
総合:F3(ファ)~F5(ファ)

ブロック別
・Aメロ1@低:F3(ファ)~高:F4(ファ)→裏声A#4(ラのシャープ)
・Bメロ1@低:F3(ファ)~高:F4(ファ)
・サビ1@低:G3(ソ)~高:D5(レ)→裏声F5(ファ)

・Bメロ2@低:G3(ソ)~高:A#4(ラのシャープ)
・サビ2@低:A#3(ラのシャープ)~高:D5(レ)→裏声F5(ファ)

・Bメロ3@低:G3(ソ)~高:A#4(ラのシャープ)
・サビ3@低:F3(ファ)~高:F5(ファ)

音域の幅が広く、サビが高音域なのが特徴的。
Bメロについてはメロディの変化が大きく、全体としてもメロディラインが覚えづらい楽曲となっている。
また、地声・裏声ともにF5(ファ)という高音域までいくため、キーを変更することが望ましいが、最低音がF3(ファ)なので、キーを変更する際は注意しよう。
なお、本解説では、サビ前の流れから、あえてBメロという表記にしている。
以上から、楽曲の難易度としては難しい部類となる。
*地声・コーラス除く



関連記事
→美波(目次へ)
→TOP(目次へ)

美波 アメヲマツ、
美波の曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です